<< 『血で飛ぶの』 | main | 星の王子様の言葉。 >>
| 日々 |

東ベルリンから来た女。

 『東ドイツから来た女』
ベルリンの壁崩壊から9年前の1980年のお話。
ものすごくリアルなんだろうな、と思います。
ただ、「うーん、何だかなこの感じは…」

同じ時代の話で『善きひとのためのソナタ』というドイツ映画が
るのですが、これとセットで見ると面白いと思う。
こちらは、文句なしにええ話
やな、と思う
のですが、今回の『東ドイツから来た女』はうーん…という感じが
いや、いい映画だとは思うのですが…誰か見た人いないかなぁ?