<< 星の王子様の言葉。 | main | 今後10年の課題。 >>
| 日々 |

所有しようとして、支配されている。


ココロはいつも、フワフワと浮いて揺れている。
あっちに行ったり、こっちに来たり、忙しい。
でも、それはとても当たり前のことなのだ。

ゆらゆらと揺れているのが、自然なのに
それを一箇所に留めておこうとするから無理
が出てくる。

ものゴコロをつく前の子供のココロは、いつも
揺れているが、それに罪悪感を持たない。

だけど、オトナは「揺れないココロ」を持つもの
だという教育をされてきたので?揺れることが
いけないことだと思い込んでいる。

実際にそう思い込むことによって社会生活や
結婚生活が上手く行くことを、オトナのわたしは
よく知っている。

ただ、オトナになってもココロは自由でいたい。
「今日の自分は揺れていたいのだなぁ〜」と
思う日だってある。それを許すことでココロが
軽くなる。…「ココロを軽くする」っていい言葉だな。

これはココロだけではなく、人もお金も仕事も
同じだと思う。その事に執着したり、所有しようと
したとたん、そのものに支配され、振り回される。

何事も軽やかに考えたいものだ。
それでも「執着する、決めたがる」という矛盾を
持つのが人間でそこにこそ、その人の根本がある
気もするなぁ。