<< 重箱の隅をつつく。 | main | 外側と内側を繋ぐ。 >>
| 日々 |

素直に絵が描きたい。

 ●熊谷守一さんの言葉に
『下手な人は下手なりに、下品な人は下品な
絵を描きなさい』というのがある。

自分には、その資質が十分にあることをよく
知っているのに、それが出来ない。

それは、下手な絵を描くことや、下品を表現
できるのは実はそうとうに、うまい人だったりする。