<< 真鍮、磨いてます! | main | 虚と実のあいだの皮。 >>
| 日々 |

作品をきちんと省みたい。

 ●スタジオジブリの高畑監督が、作品公開後に
彼は『誰が褒めていて、誰が褒めなかったか』の
チェックリスト作りをしているんだ、という話を
鈴木プロデューサーにラジオで暴露されていた。

大爆笑!!

この話がどこまで本当かわからないし、そこから
高畑監督が何を思うかは、想像でしかないけれど
とても面白い話だと思う。興行成績なんかより、
『作品を誰が、どう見たか』が大事なのだろうな。

何かを作って外に出す際に、最終的には自分が
一番の批評家であることは間違いがなく、自分が
いいと思ったらそれまでなのだけれど…

そこに誰が賛成してくれて、誰がどの部分を批判
するのか、が気になる気持ちやその批判が
『正確であればあるほど』面白いと思う。

そして次回の課題になる。それはもう自分が知って
いるのだけれど、どうしても確認したくなるのが
人間だと思う。

それを「売れたらいい」「好き・嫌い」で評価される
ところに身を置けるような心境になれるほど、オトナ
になれない…ところが、たいした作品も作ってない
自分へのイイワケかなぁ。