<< 空耳あ〜わ♪ | main | 分類している場合ではない。 >>
| 日々 |

身体と精神、どちらも大事。

 ●自分で自分を苦しめていたことがある。
モノを作る人が誤解していることがある。

『商品(雑貨)より作品(アート)が上』
『目に見えるもの(物質や身体)より見えない
もの(精神)の方が上』というような幻想。

仕事とやりたいことを「分ける」という発想は
それでいい。だけど必要以上に「割り切って
やる」とか「世の中に迎合したら終わり」とか
いう必要がどこにあるのか。

何故そこまで自分の身体(生活)を支えている
仕事を蔑まなければいけないのか? 自分の
やりたいことは、そんなに美しいのか?

「どちらかが、上」じゃなくて「どちらも必要」で
その間を繋ぐことが大事な気がする。