<< 吸収のしかた。 | main | 穴凹は純粋を妨げる。 >>
| 日々 |

無能の石。



「news」で紹介させてもらった「おっぱい人形」の
制作中に、同居人に「無能の人」?といわれる。
そう、あのつげ義春さんのマンガのことでわたしのこと
をそう思っているのである。(笑)

わたしには「無能のひと」に出てくる、助川のような
イラストレーターとしての評価はなされていないにしても
もう自意識過剰で、どうしようないところが自分の本質に
とても近い気もする。…そもそも多摩川に「石ころ」を
拾いに行く時点でどう考えても同類だろ。
あのマンガを意識していたのならともかく、同居人に
言われて、ハッとする始末。

そういえば学生のころも、わたしの油画を見た先生が
「あなたの絵、つげ義春みたい」って…。それは単純に
見た目の話ですが、油をケチってあまり使わないので
画面がガサガサしていたせいなのです。だから決して
褒め言葉ではない!

なんか、そんなことをいろいろ思いだしたよ…とほほ。