| 日常の外 |

雪国の洗礼。



 ●滋賀県にある実家が引越しをしました。
 前は滋賀でも三重に近い南側だったのですが
 今度はかなり北側で湖西の方になりました。
 琵琶湖が近くキレイなところですが、雪深い町です。
 
 写真はやっぱり冬よねーと浮かれて雪のなかを散策。
 レンズの曇りもいい感じかな、とすっかりご機嫌でしたが…

 母が「一泊一宿の恩義はないのか?」と
 正月そうそう、雪かき!!の手伝い。(泣)
 何で実家に帰ってまで働かなあかんの?
 「新築祝いあげたや〜ん!」とごねてみるが、関係ないか。
 元溶接工の父が作った雪かき用トンボが鉄で出来ていた
 せいで、東京に戻ってからも腰が痛い。
 来年までに、トンボを木で作り直すことを願うばかりだ。
 
 
  今年もよろしくお願いいたします。
| 日常の外 |

夏の何もない旅。

■東京の蒸し暑さをを逃れるべく、夏の旅にでました。
 涼しさを求めて北へ北へ。
 ユジノサハリンスクを拠点に毎日地元のバスにて移動。
 ホルムスク→ドリンスク→スタロドゥプスコエ→コルサコフへ。
 
 
 
 移動した港町はどこも寂れていて静かでした。人も少ない。
 ロシア人はスマイルゼロだけど、透き通るような白い肌の女性
 はとてもキレイだった。
 バスもクルマも交通手段というだけでドロドロで3回乗ったいづれ
 のボロボロ、バスもフロントガラスは全て大きなヒビ入り!
 都会でも建物はボロボロ。壊すお金がないのかも。
 やっぱり、ところどころに共産圏のなごりが…。

 田舎の海岸まで行くと、朽ちて錆びた船、船、船の墓場でした。
 これは最初からのお目当てだったのですが想像以上にカッコ
 よかった!!感動。
 
 

 それから、でっかい廃墟。旧王子製紙工場跡。
 圧倒されました。
 
 

 気温はずっと15℃くらいで小雨が気持ちよく、帰りたくなかった
 よ〜。
 
 
| 日常の外 |

冬色、旅。

■冬の旅にでました。寒かったけど、街全体がどこも素敵で
ひたすら歩きまわる毎日でした。

小雨が降っていた日も吹雪の日も色が霞んで。白、薄いブルー
グレイ、ベージュ…私の好きな色ばかり。
それもあって、ホントに美しい景色に感激!
一日目の朝にホテルの裏窓から見えたお隣の屋根裏と煙突。
かわいい〜。

女子のひとり歩きは気をつけた方がいい、という場所にも
少々…。裏路地は観光地化されていなくてとても素敵。

また骨の博物館にも。骨、骨、ホネ!!ロック?


もう、お腹いっぱーい。
とっても楽しい旅でした。
| 日常の外 |

函館〜札幌

●cholonさんのイベント関連で札幌に行ってきました〜。
ワークショップに参加してくださった皆様どうもありがとう!

今、札幌のカルチャーはとっても熱い。
ワークショップ会場となったSiestaの入っているマンションは
カフェや雑貨屋さん古道具屋さんから書庫まで個性的なお店が
たくさん。。。札幌に行かれる時は是非!

札幌に行く前日は函館から北入り。
田舎の港町なんだけど、何だか日本じゃないみたい…
な素敵な町でした。




それから函館から丘珠空港まで乗った飛行機。
ちっちゃ!!
でもこのかわいいプロペラ機が大変お気に入りに。

| 日常の外 |

佐川美術館

 

 ●しばらくの間、夏休みしていました。
 滋賀の実家に帰っていたのですが、その間に佐川美術館
 行きました。
 実は美術館があまり得意ではないのですが、ここは私にとって
 数少ない好きな場所になりました。
 樂吉左衛門館は特に気持ちがよくおススメ。
 
 何がいいか?
 /佑いない。
 黒い。
 作品セレクトが渋すぎる。
 
 お金があるって素敵!!!
 
| 日常の外 |

梅山

 


■梅の写真が必要になったので探しに出かけました。
青梅までいけばきっと何かあるだろうと。
車の中から遠目に見える白とピンクの山…何だ?あれ!
近くまで行くと「梅祭り」とやらがやっている様子。
遠くから見えていた白とピンクは梅山だったのです。

すげーーーーーー!!!
梅の群生。っていうか植えてあるんやね。
初の梅山体験。こんな沢山の梅の木みたことないよ。
やっぱり私は桜より梅が好きだな。
上品な佇まいと香り。でもこれだけあると匂う、匂う。
「月影」という梅の種類があって『ガラスの仮面』
を思いだしてしまった。(あ、新刊買いに行かなくちゃ!)

それから『ねじまき雲』というカフェにも初めて行きました。
とても好みの空間。お店のお兄さんもいい方だったし。
 



 
| 日常の外 |

北へ

■札幌と小樽に行ってきました。
 考えてみたらなんと20年ぶりの北海道!
 Savon de Siesta の彩子さんとcontext-s の石神さんに
 いろいろなところに案内してもらいました。
 
 小樽の一日目は快晴でなんともカメラ散歩日和でしたが二日目は
 雪でした。けれども雪の小樽はそれはそれはロマンチックで…
 寒かったけれど、とっても満足の一日でした。
 やっぱり北海道は雪だよね〜。寒いのは苦手だけど冬に写真を
 撮るのが大好きです。なんといっても密度の薄さ、彩度の低さ。
 小樽の寂れた感じはとても私好みで路地と壁が多くて、古い日本
 画の色みたいな世界。
 三日目は彩子さんのお店や前から行ってみたかったチョロンさん
 など札幌でカフェやお買い物。またまた乗せられて?お洋服の
 衝動買い。でもま、いっか〜。旅だし。

 年末からお正月返上で仕事ばかりしていて脳ミソがウニに
 なりそうだったので大変、気分転換になりました。
 何の下調べもせず来てクルマに乗せてもらうだけ、という
 おバカな私にみんな親切にしていただいて本当にありがとう!
 ごはんも美味しかったな〜。

 

 
  
<< | 2/2PAGES |